スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
泣きたい日・・
先日お会いした19歳キャバクラで働いている女の子
借金の相談
を受けた際、私は友達の会社のアルバイトを勧め
彼女もその後そこで働いて、生活がなんとかやっているけるようになったと
聞いていたのですが、3日前に電話があり、キャバクラで罰金ばっかり
取られてマイナスになって生活ができない。キャバクラのお店が用意した
部屋に引越しを強要され敷金を払えと言われていると、泣きながら話をしてくれました。
私は「じゃ、その分の金額とかをきちんと確認して(お店に)幾ら払えばいいか聞く事と
辞めたいと言っていた事をきちんと了承してくれるかの確認をとって
どうしても辞めるのにお金がいるなら貸してあげるし」
「辞めた後、お昼の仕事を見つけたらいいやん」
「なんとかしてあげるから」と慰め、
彼女の都合のいい日に会おうと約束して、
彼女のスケジュール待ちをしていました。
そして今日、再度泣きながら電話をしてきて、お金を貸して欲しい
相談にも乗って欲しい、やっぱり借りたくないと思って今日ヘルスの
お仕事したけど、無理・・・と言うのです。
私が友人に頼んで入れてもらっていたアルバイトは無断で休んだそうです。
私は今日のこの話を聞いて、泣きそうな気分でした。
いや、吐きそうな気分!
先日彼女の相談を受けたときに、彼女の都合のいい時に会おうなんて言わず
すぐその時に会おうと約束していれば、
今日彼女は泣くことも無かったのかもしれません。
彼女の話を聞くと30万円程でお店を辞めれるそうです。
たかだか30万円程度のお金の為に、泣きながら彼女は今日仕事をする事に
なったかと思うと、自責の念でいっぱいです。
彼女は今日から実家に帰り月曜日までは実家にいるとの事だったので、
月曜日に会う約束をして電話をきりました。 
本当に無能で浅はかな自分が嫌です、
本当に無能です。
スポンサーサイト

テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

【2006/08/17 01:02 】
借金 | コメント(0) | トラックバック(0)
借金地獄
今日はこのブログからメールをくれて仲良くなった方から
相談を受けて、大阪のミナミに会いに行きました。
彼女は29歳 私より1歳年上で目が印象的なすごく綺麗な方でした。
お会いして相談をお聞きしていると1年前に契約したエステのローン
美顔機のローンその他のローンで毎月の生活がどうにもならなくて
困っているとの事。話を聞いていると彼女は非常に押しに弱く、
友人や路上のキャッチセールスに押し切られて、まぁいい物だし買っちゃおうと
決断したそうです。彼女は今現在月額16万円程の手取りでOLをしていますが、
一人暮らしの部屋だい、食費、携帯代とローンで毎月赤字がでてどうにも
ならない状態だと、消費者金融での借り入れも少々あるようです。
毎月の支払いが出来ず、自殺を考えていると打ち明けられました。
キムカツというミナミのおいしいお店で食事をしながら、話を聞いていたのですが、
その後ネットカフェへ移動。3時間近く相談に乗って、
現在付き合っている彼氏との同性か親元に帰る
現在借りている消費者金融の借り入れを銀行系のローンへ変更等
色々案をだしたのですが、彼女にもいろいろ事情がありどれも無理との事。
結局彼女にお仕事を紹介する約束とその紹介予定のお仕事の前借として
毎月の赤字額と同額の支払いがある消費者金融の30万円
貸してあげる事にしました。

彼女は今後一生懸命働いて返していくことを約束して、
何度もありがとうと言って帰っていきました。

23歳の頃、私は株にのめり込み 消費者金融への借金と
親からの借金で数百万の負債を負っていた時期があります。
日々お金を返すことが第一の使命になり、
月3000円ほどで生活をして48日間連続労働とかをしていました。
会社員と派遣の仕事の掛け持ちで・・・
本当にお金に困ると、心に余裕が無くなり、辛い思いをします。
また回りにも迷惑をかけます。
彼女が昔の私の様に借金地獄に落ちないように、
応援していきたいと思います。

テーマ:自殺したい人 - ジャンル:心と身体

【2006/08/15 01:31 】
借金 | コメント(0) | トラックバック(0)
借金地獄・・
今日は知り合いの(友人と呼べるほどの関係ではない方)の要望で
借金の相談をうけました。
彼女は19歳・東北から友人を頼って大阪に出てきて、その友人とともに
キャバクラで1年ほど働いているそうで。
彼女とは今まで友人を介して2.3度飲みに行っただけの為、
本日はじめて彼女の仕事や身の上を聞きました。
彼女が勤めているキャバクラはあまり集客が出来ていないようで、
お客が少なく彼女自身もお客を多く集められる腕が無いため
毎月の収入が12万円程度で生活に困っているので、
生活費として10万円貸して欲しいという事でした。
10万円という金額は安くもなく高くもなくといった金額ですが、
友人というほどの付き合いでもない為、正直ためらってしまいます。
まずは両親に借りれないかな?と聞くと
両親から仕送りを頼まれている状態でとてもじゃないが借りれないとの事
返済はどのように考えてるの?どれくらいの期間貸して欲しいの?と聞くと
「わからない。いつ返せるか全くわからない」っていいます。
今のお店で働いていたら返せないなら、他のお仕事を紹介しようか?と
提案すると、辞めたいとお店には言っているのに辞めさせてくれないと
泣きながら話し始め、2時間程話し合いましたが、全く解決策が見つからず。
私の友人を呼び出し、彼女を紹介して彼女の現状等を詳しく話した上で
夜のお仕事をしていない日に彼の仕事を手伝うという事で
当面の生活費に関しては解決したようで、彼女も喜んでおりよかったです。

ただ19歳なら親元で生活していてもおかしくないのに、
彼女曰く、地元を離れたかった・友達と一緒に仕事をしたかった等の
理由で経済的自立をするまえに一人暮らしをする
彼女自身にも非常に問題があるが、両親もどのような感覚で送り出したのか
非常に不思議です。

キャバクラや夜のお仕事が悪いとは思いません。
ただ判断を誤った未成年が金銭的にしばられ、自分が希望しないような
仕事や生活環境を受け入れなければならなくなる状態に
こんなに簡単に陥るのかと思うと本当に怖く思います。
彼女が副業で生活を持ち直し、満足できる生活が送れるよう
友人と見届けてあげたいと思います。

テーマ:借金 - ジャンル:ファイナンス

【2006/07/26 02:25 】
借金 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。